あなたのパーソナルカラーは?シーズンで選ぶ、あなただけのカラー

お色直しのドレスの色、何色にする?

結婚式と言えば純白のウェディングドレスですが、それと同じぐらい大切なのが、お色直しのドレスですよね。勿論、ウェディングドレスとしてカラー付のドレスを選ぶ方もいらっしゃいますが、この「白以外の色」が意外と迷ってしまうものです。一生に一度のことですから、後悔しない色を選ぶようにしましょう。そのためには、まず、肌色が2タイプのうちどちらかを見極める必要があります。そしてそれを元にシーズンカラーという配色を選びます。今から事前に自分のパーソナルカラーを知っておきましょう。

手首の色と季節の色で、あなただけの色が分かる

まず手首を見てください。血管は何色でしょうか。紫か青の方はクールタイプ。血管の色が緑の場合はウォームタイプとなります。これでシーズンカラーの4つのうち、二つに自分のカラーパターンを絞ることができました。クールタイプの方はサマーかウィンター。ウォームタイプの方はスプリングかオータムカラータイプとなります。シーズンカラーは春夏秋冬をベースにした配色のこと。肌の色で自分に似合う色がどの季節か大まかに分けることができるのです。

春夏秋冬のイメージであなただけのパーソナルカラーを

スプリングカラーは春夏秋冬ですから、それぞれの季節をモチーフにした色になっています。スプリングはいわゆるパステルカラーで、かわいらしいイメージになります。サマーは優しい印象を与えるのと同時に、大人の落ち着いた雰囲気を出すことができます。オータムはゴージャス感かナチュラル感を演出できます。ウィンターは大人っぽく知的なイメージを与えます。自分が結婚式で演出したい雰囲気や、自分の個性をドレスに上手に反映させるようにしましょう。

ウェディングドレスには、いろいろな種類があります。上半身から裾にかけて徐々に広がるAライン、スカートがふんわり膨らんだプリンセスラインなどが代表的なものです。