こんなにあるの!?結婚式場のスタイルとは

小さな会場を借りるスタイルもある

結婚式をする場合は、何もホテルの式場やゲストハウスなどの大きな会場で式をあげるばかりが能ではありません。式は、小さい会場を利用することもできます。例えば、実際に利用されているキリスト教の教会で挙げることもできますし、ある程度名前のしれた神社で挙げることもできます。このように結婚式は形にとらわれずに自由に式を挙げるべきでしょう。では、教会や神社で行う場合はどのようなことに注意をしたらいいのでしょうか。

教会で式を挙げる場合

キリスト教の教会が町にありますが、そのような教会で式を挙げることもできます。よく、ゲストハウスの中に結婚式場が設けられていますが、結婚式専用の教会ではなく、普段は拝礼などをしている教会を利用するとすればどのようなことを知っておくべきでしょうか。式場として教会を利用する場合には、神父さんにお願いをして許可を受けなければなりません。そのままOKしてくれるところもありますが、信者でない場合には、勉強会などに参加することも必要です。

神前式として神社で挙げる場合

では、神前式はどうでしょうか。神前式とは、神社で式を挙げるパターンになります。中規模以上の式場では、神社でも結婚式を執り行うことが可能になっています。神社で式を挙げる場合には、神主さんに許可を得ることが必要になりますが、日程が合えば許可をしてくれるところも少なくありません。この時に注意をしたいのは、人数です。ある程度大きな神社でも、結婚式場として作られているわけではありませんので、それほど多くの人は入れません。

阿部野ハルカス展望台での披露宴は日本一の高層式場。大阪天王寺駅前近鉄本店ビルという便利さと、宿泊施設やドレスなど一括店内でチョイス。さらに4Fブライダルセンタ―で、大阪の結婚式場が丸ごと相談できます。