まぶしいほどに鮮やかなイエロー!夏のウエディングはひまわりで!

ぷくぷくグリーンで愛らしく

太陽を思わせる花形は夏のイメージそのものともいえるひまわりを使い陽気にはしゃげる結婚式にしましょう。ひまわりは使いやすい小輪から大人っぽい八重咲きをうまく使い分けるといいですよ。ゲストを迎えるウェルカムボードは小輪のひまわりと多肉植物を組み合わせ、丸いボードにしてヒラヒラとした花びらとぷくっとした多肉植物の質感のアンバランスさを生かしましょう。花だけを差し替えれば長い間楽しむことができますよ。ひまわりはザンリッチオレンジなど3種類ほどを使ってみましょう。

ゲストへのおもてなし

ゲストにドラジェを配るギフト演出のかわりに、ひまわりの種を黄色い布にくるんでお土産にしてみましょう。みんなの庭に来年の夏ひまわりが咲けば、挙式の日を思い出してもらえそうですよね。麦藁帽子を器にして季節感を出し、記念品を詰め込みましょう。ゲストテーブルは緑の葉がすがすがしい大きな枝のものから、ビンにいけたひまわりを下げ、野に群生する様を表現するといいですよ。咲き方や品種の異なるランダムな組み合わせでにぎやかさと奥行きをアップしてみましょう。

カジュアルで軽やかに

ケーキテーブルにはウエディングケーキを人気のパンケーキに変えてカジュアルで楽しい感じに仕上げてみましょう。茶色いケーキと切り株の素朴な表情に元気なひまわりの花形はぴったりですよ。ブルーベリーなどのフルーツも添えて並べておき、召し上がってもらいましょう。花嫁のブーケはゲストテーブルの花とおそろいのするのがよく、ライトグレーの枝ものを編んで下のほうにだけ花を加えたリースブーケにしましょう。軽やかでインパクト抜群ですし、大きさを変えて3種類の黄色いリボンをつけるのがポイントですよ。

白金の結婚式場の特徴として、高級感あふれる演出を摂りいれることができ、様々なスケジュールを計画することが可能となります。