婚約指輪は何で選ぶ?デザイン?価格?紹介します!

婚約指輪のデザイン!

婚約指輪のデザインは様々ですが、一生に一度のプレゼントということもあって、念入りに選ぶという人が殆どです。選び方は人によって様々ですが、その中でもやはりこったデザインの物をチョイスするという人が多いです。というのも、一人の相手にしか渡さないということもそうですが、何よりも高いので慎重に選ぶことが多いからです。こったデザインといっても、ダイヤモンドで装飾されている物がほとんどで、目立ちすぎずシンプルすぎずという物が人気なようです。

婚約指輪の相場はいくらぐらい?

婚約指輪の相場は様々ですが、話によると給料の3ヶ月分と言う物があります。20万円だとすると、60万円の婚約指輪を渡すことになる訳ですが、それではあまりにも高すぎます。というのも、婚約指輪の平均価格は大体20~40万円とされているからです。60万円となると、かなり派手で立派な婚約指輪になる訳ですが、普段つけるシーンがないので、もらったとしても少し相手を困らせてしまうことになります。婚約指輪は値段ではないということです。

婚約指輪をつけるシーンとは?

婚約指輪は、プロポーズの際に渡す訳ですが、つけるシーンはその場でしかありません。その他は、結婚する前まで結婚指輪の変わりとしてつけることが多い訳です。しかし、あまりにもド派手すぎるとつけることも出来ませんし、そのまま箱に入れてしまっておくという人も多いです。また、結婚指輪をもらったら、婚約指輪をつけない人がほとんどで、二個づけする人もいますが、まれです。ですので、余計に婚約指輪にはお金を賭けないという人が多いのです。

婚約指輪とはいわゆるエンゲージリングのことです。婚約の証となる指輪で、ダイヤモンドがあしらわれたものが一般的です。

あなたのパーソナルカラーは?シーズンで選ぶ、あなただけのカラー

お色直しのドレスの色、何色にする?

結婚式と言えば純白のウェディングドレスですが、それと同じぐらい大切なのが、お色直しのドレスですよね。勿論、ウェディングドレスとしてカラー付のドレスを選ぶ方もいらっしゃいますが、この「白以外の色」が意外と迷ってしまうものです。一生に一度のことですから、後悔しない色を選ぶようにしましょう。そのためには、まず、肌色が2タイプのうちどちらかを見極める必要があります。そしてそれを元にシーズンカラーという配色を選びます。今から事前に自分のパーソナルカラーを知っておきましょう。

手首の色と季節の色で、あなただけの色が分かる

まず手首を見てください。血管は何色でしょうか。紫か青の方はクールタイプ。血管の色が緑の場合はウォームタイプとなります。これでシーズンカラーの4つのうち、二つに自分のカラーパターンを絞ることができました。クールタイプの方はサマーかウィンター。ウォームタイプの方はスプリングかオータムカラータイプとなります。シーズンカラーは春夏秋冬をベースにした配色のこと。肌の色で自分に似合う色がどの季節か大まかに分けることができるのです。

春夏秋冬のイメージであなただけのパーソナルカラーを

スプリングカラーは春夏秋冬ですから、それぞれの季節をモチーフにした色になっています。スプリングはいわゆるパステルカラーで、かわいらしいイメージになります。サマーは優しい印象を与えるのと同時に、大人の落ち着いた雰囲気を出すことができます。オータムはゴージャス感かナチュラル感を演出できます。ウィンターは大人っぽく知的なイメージを与えます。自分が結婚式で演出したい雰囲気や、自分の個性をドレスに上手に反映させるようにしましょう。

ウェディングドレスには、いろいろな種類があります。上半身から裾にかけて徐々に広がるAライン、スカートがふんわり膨らんだプリンセスラインなどが代表的なものです。