こんなにあるの!?結婚式場のスタイルとは

小さな会場を借りるスタイルもある

結婚式をする場合は、何もホテルの式場やゲストハウスなどの大きな会場で式をあげるばかりが能ではありません。式は、小さい会場を利用することもできます。例えば、実際に利用されているキリスト教の教会で挙げることもできますし、ある程度名前のしれた神社で挙げることもできます。このように結婚式は形にとらわれずに自由に式を挙げるべきでしょう。では、教会や神社で行う場合はどのようなことに注意をしたらいいのでしょうか。

教会で式を挙げる場合

キリスト教の教会が町にありますが、そのような教会で式を挙げることもできます。よく、ゲストハウスの中に結婚式場が設けられていますが、結婚式専用の教会ではなく、普段は拝礼などをしている教会を利用するとすればどのようなことを知っておくべきでしょうか。式場として教会を利用する場合には、神父さんにお願いをして許可を受けなければなりません。そのままOKしてくれるところもありますが、信者でない場合には、勉強会などに参加することも必要です。

神前式として神社で挙げる場合

では、神前式はどうでしょうか。神前式とは、神社で式を挙げるパターンになります。中規模以上の式場では、神社でも結婚式を執り行うことが可能になっています。神社で式を挙げる場合には、神主さんに許可を得ることが必要になりますが、日程が合えば許可をしてくれるところも少なくありません。この時に注意をしたいのは、人数です。ある程度大きな神社でも、結婚式場として作られているわけではありませんので、それほど多くの人は入れません。

阿部野ハルカス展望台での披露宴は日本一の高層式場。大阪天王寺駅前近鉄本店ビルという便利さと、宿泊施設やドレスなど一括店内でチョイス。さらに4Fブライダルセンタ―で、大阪の結婚式場が丸ごと相談できます。

メリットだらけ!ブライダルフェアに行くべき3つの理由

得られる情報は桁違い!具体的なイメージをつかもう

写真で見た素敵なチャペル、実際どうなの?雑誌やネットの写真などでは分からない部分を、自分の目で見て、肌で感じる。実際に足を運ぶことで得られる情報は非常に大きいものです。模擬披露宴や試食会などたくさんのイベントも行われており、式の雰囲気をたっぷりと体験できますし、会場までの交通の便の良さやトイレなど細かい場所の確認も大切です。自分の思い描く結婚式をより具体的に考えることができますよね。また、プランナーさんなどスタッフの方々と話をすることもできるので、疑問点もその場で解決できます。

一番気になる?お金の問題

実際に式場のプランナーさんとお話できるので、具体的な話をしながら見積もりを出してもらうことができます。式場の相場はネットなどにも書かれていることが多いですが、人それぞれ内容によって、金額の開きは大きいものです。自分の要望を一番安くかなえてくれるのはどの会場なのか。式場それぞれに得意・不得意や売りがありますから、いくつかのブライダルフェアに行って比較することは式場にとっても、式を挙げる自分自身にとってもメリットになりますね。

彼の積極的参加を促す効果

いざ準備を始めてみたら…なんでもいいよ、を呪文のように唱え非協力的な彼。ありがちですよね。その理由、具体的なイメージが湧いていないからかもしれませんよ。そんな時はブライダルフェアではお料理やデザートの試食をさせてもらえることが多いので、それを理由に、またデートの代わりに連れて行ってしまいましょう!楽しい雰囲気と美味しい食べ物で、彼もきっとイメージが湧くはず。今より積極的に相談に乗ってくれることでしょう。

ブライダルフェアでは、会場を見学したり、模擬挙式や披露宴などができます。会場選びに迷ったら積極的に利用してみると良いです。